www.engineering-japan.com
Seco Tools

セコ・ツールズ、CW100 セラミックチップシリーズをさらに拡大し、安全性の高い超合金加工を実現

耐熱超合金(HRSA)の加工に伴う工具寿命の予測不可能性や粗加工速度の低下という課題を抱えているメーカーを対象に、セコ・ツールズが高い生産性を誇る Secomax™(セコマックス)CW100 セラミックチップ材種シリーズに新たなラインナップを加えました。この丸形のセラミックソリューションは、新しい繊維強化形状を採用し、インコネル 718、ハステロイ、ワスパロイ、MAR、ニモニック、Rene、ユディメットなどの HRSA を使用する航空宇宙産業および発電業界における難易度の高い加工で優れた性能を発揮します。

セコ・ツールズ、CW100 セラミックチップシリーズをさらに拡大し、安全性の高い超合金加工を実現
 
HQ IMG CW100 Grade.jpg

CW100 チップ材種の拡大により、2 つの形状(E-01020 および T-01020)を備えた 4 種類の新しい丸形チップフォーマットと、幅 3.175mm(0.125 インチ)、6.35mm(0.25 インチ) および 7.925mm(0.312 インチ) の 4 種類の溝加工用チップ形状が加わりました。炭化ケイ素ウィスカー(Al2O3-SiC)を含む酸化アルミニウムベースの Secomax™ CW100 チップ材種は、先進的な HRSA 被削材の高速加工を可能にするだけでなく、最適化されたマイクロ形状によりセラミックの耐摩耗性と強度を最大限に高める炭化ケイ素ウィスカーを採用したことで、工具寿命の安定化と予測可能性の向上を実現するとともに、部品当たりのコストも最小限に抑えられます。
CW100 製品シリーズの詳細については、お近くのセコ・ツールズ営業担当者までお問い合わせいただくか、セコ・ツールズの製品ページ(www.secotools.com)をご覧ください。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする