www.engineering-japan.com
IDS Imaging Development Systems GmbH

Ensenso XR:データ処理機能を内蔵した新しい3Dカメラ・シリーズ

Ensenso XRは、IDSがご提供するステレオビジョン・カメラのうち、3Dデータを直接FPGAで処理する最初のカメラです。この3Dカメラ・システムは、ばら積みピッキングやインライン計測など計算負荷の高いアプリケーションに特に適しています。同シリーズには、まずXR30モデルとXR36モデルをご用意しました。保護等級IP65/67と非常に堅牢なうえ、1.6メガピクセルのSony社製センサを搭載し、最長5メートルの動作距離で物体を検出可能です。

Ensenso XR:データ処理機能を内蔵した新しい3Dカメラ・シリーズ
図(© IDS Imaging Development Systems GmbH): Ensenso XR:オンボード処理を実現した3Dカメラ

カメラ単体で3Dデータを算出するため、高性能な産業用PCを用意する必要はありません。さらに、RAWデータではなく計算済みの3Dデータを転送するため、ネットワークの負荷も大幅に減少します。こうした特長から、複数のカメラ構成によるシステムや計算負荷の高いアプリケーションで特に活躍します。またWiFiインターフェイスを搭載しており、ワイヤレスなデータ送信をオプションとして利用可能です。「このワイヤレス通信は、セットアップや保守作業のほか、配線が困難な場合や配線にコストがかかる場合にとりわけ有効です」と、IDSの製品マネージャーで画像処理スペシャリストのMartin Hennemannは説明しています。
 
 Ensenso XシリーズとXRシリーズはいずれも、消費電力100Wの強力なLEDプロジェクタと、2台のuEyeカメラで構成されています。プロジェクタに対するuEyeカメラの取付距離(ベースライン)はお客様の仕様に合わせて変更可能です。なかでもXRシリーズはFlexView2技術を用いて、高精度かつ高速に詳細な画像を取得できます。このXRシリーズのデータ・レートは高性能なCore i7 CPUに匹敵します。また、2019年の第4四半期には5メガピクセルのセンサを搭載したモデルを投入する予定です。Ensensoシリーズの他のカメラと同様に、Ensenso XRも対応のSDKを用いて簡単にセットアップして運用いたたけます。

詳しい情報は: https://jp.ids-imaging.com/ensenso-3d-camera-xr-series.html

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする