www.engineering-japan.com
IDS Imaging Development Systems GmbH

IDS、特に米国で力強く成長

 この数年に続いて2019年も、IDS Imaging Development Systems GmbHは業界の予想を上回る業績を収めることができました。VDMA(ドイツ機械工業連盟)がマシンビジョンに関する売上は7%の減少になると予測するなか、これに反してIDS の売上は1桁後半の高いパーセンテージで伸びており、市場での確かなポジションを維持しています。昨年以前に比べ、こうした売上の増加は特に北米で顕著でした。

IDS、特に米国で力強く成長
- 図( IDS Imaging Development Systems GmbH):ドイツ・オーバズルムのIDS Imaging Development Systems GmbH

南ドイツに拠点を構えるカメラメーカーの当社は、2020年には再び2桁の成長を目指します。これは、受注が前年比16%増という状況に加え、海外での事業展開が順調なことを踏まえた目標です。なお、本年の第2四半期には150万台目のカメラを納入できる見込みです。
海外に関してはほぼすべての地域で、営業およびマシンビジョン技術サポートを担当する人材を新たに雇用したことで、全体としてさらに企業プレゼンスが増しました。なかでも米国・日本・英国・韓国ではより広いオフィスへの移転を果たし、当社の発展を裏付けるとともに、さらなる成長への布石としました。
 
 VISION yearと位置付ける2020年の成長予測を支えるのが、主としてAI搭載の新しいIDS NXTカメラと3D分野の大きな需要です。そこで、特にこれらの市場分野でIDS製品のラインナップ充実を図る予定です。たとえば、先ごろ市場投入したオールインワン・ソリューションのIDS NXT oceanなら、専門知識が無くてもAIベースの画像処理を行っていただけます。
 
「当社は革新的な製品を継続的に開発しながら、成長を続けています。そして今後も、信頼できる強力なパートナーとしてお応えしていきます。2019年は社内インフラに大きな投資を行い、拡大した受注と将来の需要増に対応できる理想的な体制を整えました」と、業務執行取締役Daniel Seilerは説明しています。
 
 そのほか、新しいイノベーション技術センター“b39”が、本年下半期に開所の予定です。この4,500m2におよぶ複合施設は、主にIDS Imaging Development Systems GmbHが利用しますが、それに加えてグループ企業のIDS Innovation GmbHも入居し、200名の雇用が生まれます。このIDS Innovation GmbHでは、デジタル関連の専門技術や基礎的な技術スキルの指導に特化した“b39 Academy”を運営していきます。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする