www.engineering-japan.com
Seco Tools

セコ・ツールズの新しいねじ切り材種が重要な部品用途で優れた性能を発揮

セコ・ツールズの新しい TTP2050 ねじ切りチップ材種は、最先端のコーティングおよび工具形状が、効率的で安全かつ安定した性能を実現します。また、生産の最終段階で、ねじ切りの切り屑によって重要部品が破壊されないようにするために必要となる効果的な切り屑処理も提供します。

セコ・ツールズの新しいねじ切り材種が重要な部品用途で優れた性能を発揮

TTP2050 材種のナノラミネート PVD コーティングは、チタンアルミナイトライド(TiAlN)とチタンシリコンナイトライド(TiSiN)の層が交互に形成されており、鋳鉄、工具鋼、ステンレス鋼などといった難削鋼の機械加工に必要な極めて高い耐摩耗性を備えています。こうした特性により、ねじ切り加工でよく使用される汎用コーティングを上回る性能を実現し、TTP2050 材種の工具形状が性能の信頼性を支えながら、これらの被削材での生産性を向上させます。

TTP2050 ねじ切り材種は、44 種類のプロファイルと形状 -A、11mm および 16mm(0.433 インチおよび 0.650 インチ)のサイズをご用意しています。この新材種は、すべての標準の共通ねじ形状に対応し、内径と外径両方のねじ切り加工にお使いいただけます。

TTP2050 ねじ切り材種の詳細については、お近くのセコ・ツールズ営業担当者までお問い合わせいただくか、TTP2050 ねじ切り材種製品ページをご覧ください。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする