www.engineering-japan.com
HMS Industrial Networks AB

PROFIenergyをサポートする最も高速な方法

HMSは組み込み系Anybus-CompactCom PROFIenergy通信モジュールをリリースすることで、自動車メーカー向けのグリーンな自動化構想をサポートします。

PROFIenergyをサポートする最も高速な方法
HMSインダストリアルネットワークス社は、組み込みProfinetの通信モジュールをPROFIenergyプロファイルサーバーに統合した製品を発表します。この新製品発表で、HMS社は自動車メーカー(アウディ、BMW、ダイムラー、ポルシェ、フォルクスワーゲン)のAIDAグループが行う工場のエネルギー削減活動をサポートします。この新モジュールは、自動化装置メーカーがPROFIenergy規格に従ってエネルギー制御機能をその装置に搭載するための最も速く簡単な方法を提案します。標準化したPROFIenergyコマンドのおかげで、中央のコントローラは生産停止している間、いろいろなメーカーによる自動装置からなる複雑な自動化システムを、簡単に安全に待機モードに切り替えられます。これによって生産工程に必要な電気エネルギーの最大40%を省エネできますので、CO2の排出も減らすことができます。

PROFIenergyサーバーは、Anybus-CompactCom ProfinetのI/Oモジュールのファームウエアで実行されます。ProfinetネットワークのクラスBに準拠してこのモジュールはProfinetのI/Oデバイスのように動作します。高速の2ポートスイッチを備え、このスイッチがあるために、高価な外部スイッチがなくてもライン構成の中にProfinetを設置できるのです。統合されたプロファイルサーバーが自動化装置の電子回路に向けたPROFIenergyのハードウエア・ソフトウエアのインターフェースを扱います。PROFIenergy規格に完全に準拠すれば自動化装置内に必要な開発作業を可能な限り少なくできます。

顧客はこの新しいPROFIenergy CompactComモジュールのサポートを取り込むことを選択するなら、主な工業用ネットワークのほとんどに自動的にアクセスできるようになります。というのは、相互に交換可能なプラグイン通信モジュールであるAnybus-CompactComファミリの一部だからです。すなわち、主要な全てのフィールドバスと工業用イーサーネットに装置をつなぐための世界で最もフレキシブルでコスト効率の良いソリューションです。こういったネットワークにはProfibusやDeviceNet、CC-Link、CANopen、 Profinet、 EtherCAT、Modbus-TCP、Sercos IIIなどがあります。CompactComモジュールは、駆動装置やHMI、ロボット、インバータ、測定器、スケールなどインテリジェントな自動化装置の通信インターフェースとして使われます。

Anybus-CompactComモジュールは、スリムなパッケージに収容され、ほぼコンパクトフラッシュカードの大きさです。モジュールのコアとなるのは、HMSのNP30ネットワークマイクロプロセッサで、高速イーサーネットコントローラとRAM、フラッシュメモリを集積しており、このフラッシュメモリはイーサーネット/IPデバイスのソフトウエアスタックを記録しています。オンボードの2ポートスイッチは、RJ45コネクタを使って2本の100Mビット/秒の完全2重化イーサーネットインターフェースを提供します。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする