www.engineering-japan.com
HMS Industrial Networks AB

ET200S向けのCANゲートウェイ

SIMATIC ET200S入出力システム向けの新製品1 SI CANopen拡張モジュールを使えば、CAN 2.0AとCANopenデバイスをSIMATIC製品とつなぐことができます

ET200S向けのCANゲートウェイ
HMS社は1 SI CANopenモジュールの機能を拡張し、SIMATIC ET200S入出力システムにCAN 2.0Aプロトコルを搭載しました。標準的なCANopenプロトコルに加え、HMS社の1 SI CANopenモジュールは、どのようなCAN2.0Aの枠組みでも送受信するために使うことができます。しかもCANのアプリケーションプロトコルと重複することがありません。この拡張機能によってCANゲートウェイの使い勝手や柔軟性が著しく向上します。代表的な応用例として、CANあるいはCANopen規格を持つデバイスがシーメンスのPLCと一緒に使われるようなところの全ての機械や自動化システムなどがあります。

HMS社の1 SI CANopen モジュールは標準的なET200Sシステムのラックに機械的にピタリと合います。ET200Sファミリーの他の全モジュールとも一緒に組み合わせて使うこともできます。このモジュールはSTEP7を使って変えることもでき、構成や診断を簡単にすることができます。STEP7を使えば、既存の1 SI CANopenボードを今回のような新しい機能を持たせるようにアップグレードすることもできます。ET200Sの標準的なプロフィバスやプロフィネットのバスカプラーを使えば、1 SI CANopen 拡張モジュールは広範囲なシーメンスの自動化制御システムと一緒に使うことができます。

HMS社は1 SI CANopen 拡張モジュールのユーザーに対してPLC機能ブロックをサポートします。この機能ブロックは、PLCプログラムにあるCAN2.0Aのフレームを直接作り出し解析するために使われます。これらの機能ブロックをベースにして、PLCプログラマはカスタマ専用のCANプロトコルや専用のCANアプリケーションプロファイルを簡単にインプリメントできます。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする