www.engineering-japan.com
HMS Industrial Networks AB

Anybus-S:定評あるシーメンスのERTEC-200テクノロジーをベースにした新光ファイバーPROFINET-IRTインタフェース

HMSインダストリアルネットワークスはProfinet製品群を拡充し、光ファイバーコネクタ用Anybus-S Profinet-IRTインタフェースを発表します。

Anybus-S:定評あるシーメンスのERTEC-200テクノロジーをベースにした新光ファイバーPROFINET-IRTインタフェース
本組み込み型通信モジュール、ProfinetのAnybus-SはクラスCに準拠してIRT機能とProfinetのインタフェースを結合しています。インテリジェントな本通信モジュールはシーメンス社製ERTEC-200 テクノロジーをベースし、統合式2ポートリアルタイム・スイッチなどIRTの機能との効果的なProfinet IOインタフェースのためのあらゆるアナログ、デジタルコンポーネントを含んでいます。物理ネットワーク接続はSC-RJ 光ファイバーコネクタ2個により実現します。

本モジュールは用途を自動車業界に特定しています。自動車メーカーは既存ののインストレーションではほとんど光ファイバーテクノロジーを使用しており、いま、光ファイバー伝動のProfinetに移行しつつあります。Profinetの採用はInterbusからの自然な進化とされ、今後5年間にわたりステップバイステップで進行します。

オンボードの強力なシーメンス社製ERTEC-200プロセッサはProfinetのプロトコル全体を独立した形で扱い、フィールドデバイスのメインプロセッサをプロトコルプロセッシングから完全に解放します。本モジュールの、デユアルポートRAMベースのハードウェア、ソフトウェアインタフェースは標準化され、機能的には他のすべてのAnybus-Sモジュールに共通しています。こうした互換性をもたらすのが16ピンRJ11コネクタで、これにより、デバイスインタフェースをいっさい変更することなく、Anybus-Sファミリーのその他の全てのフィールドバス、イーサネットモジュールとの接続が確保されます。

PROFINET-IOは高データスループットのリアルタイム・コミュニケーションを提供し、産業IT機能の使用も可能になります。この光ファイバー伝動は電磁波障害からの完全な防御、最先端の伝動クオリティモニタリングを保証します。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする