www.engineering-japan.com
ARC INFORMATIQUE

PcVue 11.2がつなぐ、スマート・ビルディングと分散型エネルギー・リソース

強力なサイバーセキュリティ機能で、ビル・オートメーション、エネルギー管理、産業設備を統合します。

PcVue 11.2がつなぐ、スマート・ビルディングと分散型エネルギー・リソース
PcVue 11.2をリリースしました。基幹プラットフォームとして、SCADA
(監視制御・データ収集システム)やBMS(ビル管理システム)、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)ソリューションにお使いいただけます。

PcVue 11.2は、BACnetの認証機関BACnet Testing Laboratoriesから、最高水準の製品BACnet Advanced Work Station(B-AWS)として認められました。このPcVue 11.2が、開発効率と使いやすさをいっそう向上するとともに、BACnet機器との完全な統合性を実現しているからです。また、ビル設備における通信機能も強化し、広く普及したLonWorksおよびModbus向けのドライバに加えて、ネイティブなKNXや (Commend International社のIntercom管理・制御製品のための)COMMEND SA ICXドライバを盛り込みました。
また、新しいBMS用ライブラリには、ドアや窓、安全機器に対するGEZEオブジェクトも含まれています。

PcVue 11.2は、スマート・ビルディングや分散型エネルギー・リソース(DER)、インフラ、運輸、産業オートメーションの集中管理を支える統合性を提供します。
とくに、この最新リリースではIEC 61850、IEC 61400-25 、IEC 60870-5-104およびDNP3規格に対応したエネルギー管理やスマートグリッドの相互運用性に向けた組込みドライバもご用意しました。

IT化と運用に欠かせないサイバーセキュリティ

サーバー構成要素の保護機能を高めるためのサイバーセキュリティは、重要な設計目標の一つです。
これは、デスクトップ・アプリケーションとしてクライアントが運用するサービスの一つPcVueにとっても同じです。そのため、ローカル・セッションやリモート・セッションを問わず適用可能な、設定・診断用の包括的ツールをご用意しています。またPcVueは、電子署名によるインストールとバイナリ・ファイルで安全にご提供しています。さらにMicrosoft Windows® Active Directoryによって完全に統合されており、
暗号化HTTP(HTTPS)もサポートしています。

そのほかPcVueのモバイル・ソリューションも、クライアントの拡大に対応可能なHTML5ベースのWebVueおよびTouchVueによって拡大しました。これは、携帯端末側でまったく設定を必要とせずに、トレンドに応じたアラームやイベント通知の受信、変数のブラウジングが実現するモバイル・アプリです。

PcVue 11.2がつなぐ、スマート・ビルディングと分散型エネルギー・リソース

PcVueは、機能の強化・拡充をはかる一方で、後方互換性を保つという開発指針を続けています。
そのため、PcVueの技術は、将来を見据えた“フューチャー・プルーフ”として定評があり、30年以上にわたって、お客様の投資の持続可能性を支えてきました。
実際にPcVue 11.2はMicrosoft Windows® Server 2008~2014およびMicrosoft Windows® 7~10のOSでの動作保証をするとともに、Hyper-VやVM-Wareによる仮想化マシンに対するサポートも継続しています。
 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする