www.engineering-japan.com
IDS Imaging Development Systems GmbH

すぐに使える 6 種類のハウジングモデル : IDS が製品シリーズに新しい USB3 カメラを追加

画像処理プロジェクトにすぐに使える産業用カメラが必要な場合、世界的な半導体不足による困難が立ちはだかります。そのため、IDS Imaging Development Systems GmbHでは、ここ数ヶ月、入手可能な先進的半導体技術によるUSB3代替ハードウェア世代の開発を推進し、そのための部品調達を一貫して行ってきました。USB3 インターフェース搭載および Vision Standard 準拠の新しい産業用カメラの量産が先頃開始しました。お客様は、uEye+ 製品ラインの CP および LE カメラシリーズの合計 6 種類の構成モデルと多彩な CMOS センサーから、用途に適したモデルをお選びいただけます。

uEye CP ファミリーのモデルは、寸法はわずか 29 x 29 x 29、重量およそ 50 グラムの、特徴的でコンパクトなマグネシウム製ハウジングのおかげで、狭い場所での用途に特に適しています。お客様はこの製品ラインで 0.5 ~ 20 MP のグローバルおよびローリングシャッターセンサーを選べます。ボードレベルカメラをお望みの場合は、汎用 uEye LE シリーズをご検討ください。これらのカメラは、コーティングされたプラスチック製ハウジングおよび C/CS マウントレンズフランジ、C/CS マウントおよび S マウントレンズモジュールありとなしのボードレベルバージョンが用意されています。このため、小型装置の製造プロジェクトや、組み込みビジョンシステムへのインテグレーションに最適です。IDS ではまず、Sony 製グローバルシャッターセンサー IMX273 (1.6 MP) および IMX265 (3.2 MP) と、ローリングシャッターセンサー IMX290 (2.1 MP) および IMX178 (6.4 MP) を提供します。今後もセンサーが追加されます。

USB3 カメラは、Vision Standard の転送プロトコル USB3 Vision® を利用し、IDS peak との併用に最適です。Software Development Kit には、C、C++、C# と .NET、Python のプログラミングインターフェースに加えて、IDS カメラのプログラミングと操作をシンプルにし、互換性、再現性のある動作、安定したデータ転送などの要素を最適化するツールが付属しています。便利な特殊機能により、アプリケーションコードが削減され、直感的なプログラミングが可能になり、すばやく簡単にカメラを使い始められます。

詳しい情報は : https://jp.ids-imaging.com/news-article/usb3-cameras-series-production-launched.html


すぐに使える 6 種類のハウジングモデル : IDS が製品シリーズに新しい USB3 カメラを追加
すぐに使える 6 種類のハウジングモデル : IDS が製品シリーズに新しい USB3 カメラを追加
 
- IDS が新しい uEye+ CP および LE カメラを発売 新しい uEye+ CP と LE USB3 カメラを発売

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする