www.engineering-japan.com
Siemens News

シーメンス、工場のサイバーセキュリティソリューションを4社と共同で日本市場へ提供開始

ものづくりのDXを進める上で、工場におけるサイバーセキュリティは必要不可欠であり、大企業から中小企業に至るまで共通の課題としてその重要度は高まっています。

シーメンス、工場のサイバーセキュリティソリューションを4社と共同で日本市場へ提供開始

シーメンス株式会社 (東京都品川区, 代表取締役社長兼CEO: 堀田邦彦, 以下シーメンス)は、日本の製造業の工場(Operational Technology、以下OT)セキュリティに関する課題に対応するために、株式会社AGEST(東京都新宿区 代表取締役社長:二宮康真、以下AGEST)、株式会社アイデン(石川県金沢市、代表取締役社長: 池内保朗、以下アイデン)、株式会社ネットワークバリューコンポネンツ(東京都大田区 代表取締役社長:安藤具隆、以下NVC)、Nozomi Networks, Inc.(Country Manager, Japan: 芦矢悠司、以下Nozomi)の4社と協業し、日本国内にDX工場ネットワークというサイバーセキュリティのモデルラインを構築、実証ラインにおける提供を開始しました。

  • AGEST、アイデン、NVC、Nozomi Networksの4社と協業
  • シーメンスの産業用ネットワーク製品Scalanceを活用
  • セキュリティソリューションを実装したDX制御盤を開発
  • 日本の製造業の工場セキュリティの課題に対応

日本においてまだ具体的なネットワーク構築事例が少ない中、シーメンスと4社の技術、運用、サービスを統合することで、工場に対するセキュリティリスクを継続的に監視すると同時に、セキュアなリモートアクセスおよび社内設備のアセット管理から制御通信プロトコル監視まで可能にします。

シーメンスは産業用ネットワーク機器Scalanceを提供します。工場(OT)で求められるサイバーセキュリティは、ITで使われている技術や知見を活用しますが、可用性が第一優先という特性があります。設備ネットワークをセル化した上でセキュリティレベルを決定し、そのレベルに準じた対策を行うセルコンセプトを採用します。セルの多層化によりセキュリティインシデントが生産に及ぼす影響を低減し、Zero Trustを考慮したセキュリティにも対応します。アイデンはDXセキュリティ制御盤の設計製作を担います。NVCは工場(OT)セキュリティ対策製品Nozomi Networks Guardianを国内販売代理店として提供します。またAGESTと連携してサイバーセキュリティ対策で重要となる 工場(OT)セキュリティのインシデント監視・運用サービス(Managed Security Service:MSS)を提供します。

本取り組みは、今後さらに多くの企業と、協業を拡大する計画です。ソリューションの一層の拡張、深化を図り、日本の製造業の工場セキュリティの課題に対応していきます。

www.siemens.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする