www.engineering-japan.com
Texas Instruments News

センサ・フュージョンが、スマートな自律型ロボットの次の流れを具現化

ロボットが内蔵している各種センサはいわば人間の目を模倣したものであり、自律性の強化、信頼性と安全性の向上、いっそうの生活しやすさにつながります。



自律型ロボットとは、周囲をセンス (検知) して人間の管理や操作なしに移動することができるインテリジェントな機械です。自律型ロボットは毎日の生活の一部になりつつあります。センサ・フュージョン、つまり一部のプロセッサが搭載している TI のミリ波レーダーを含む、性質が異なる複数のセンサから取得したデータを組み合わせる手法は進歩を続けています。その結果、E コマース (電子商取引) の効率改善、工場や倉庫での生産性の上昇、都市部の戸口への配送、さらに家庭内での雑用の処理が進んでいます。

ビデオをご覧になると、これらの優れた機械の重要な要素である高度なセンシングや組込みプロセッシング技術を活用して、オートメーション (自動化) の加速、信頼性と安全性の向上、いっそうの生活しやすさを実現する方法の詳細が理解できます。

www.tij.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする