www.engineering-japan.com
ABB News

ABBロボティクス、未来のテクノロジーを紹介 -ロンドンのセルフリッジズで回収された海洋プラスチックを活用した小売事業を展開

ロンドンのオックスフォードストリートにある高級百貨店セルフリッジズで、ABBロボットを使ったエキサイティングな3Dプリントのデモンストレーションが行われ、小売業の未来が注目されています。

ABBロボティクス、未来のテクノロジーを紹介 -ロンドンのセルフリッジズで回収された海洋プラスチックを活用した小売事業を展開
セルフリッジズのオックスフォード・ストリートで「Future of Retail」コンセプトに見入る買い物客
  • ロンドンの象徴的な百貨店が、消費地におけるロボティクスの将来の役割を展示
  • ABBロボットによる3D積層造形で、アップサイクルのParley Ocean Plastic®を用い、様々なデザイナーズアイテムを製作予定
  • お客さまがその場で注文し、その場で生産し、すぐに購入できるパーソナライズされたアイテム

4月中、このデモンストレーションはウィンドウディスプレイに展示され、買い物客は、ABBロボットが、Parley Global Cleanupネットワークによって回収された海洋プラスチックごみであるParley Ocean Plastic®から作ったさまざまな個人用デザイナーズオブジェを3Dプリントしているところを見ることができます。

3Dプリントのデモンストレーションは、セルフリッジズの「SUPERMARKET」コンセプトの一環で、消費者が購入する商品がどのように生産され、それが環境に与える影響について考えることを課題としています。

ABBのロボティクスディビジョンプレジデントであるマーク・セグーラは、「消費者にとって選択肢が広がることは素晴らしいことですが、一方で、製品やパッケージが最終的にどこに行くのか、リサイクルされるかどうかについてあまり考えずに廃棄されることが多く、環境に対する犠牲を伴います」と述べています。「世界の海から採取したプラスチックを再利用してデザイナーのオブジェを印刷することで、循環型経済の中心となる持続可能な製造工程を構築する上で、ロボットが重要な役割を担っていることを強調することができます」

環境団体であり世界的ネットワークであるParley for the Oceansと革新的なデザインブランドであるナガミとのパートナーシップにより開発されたこのデモンストレーションでは、ABBのシミュレーションソフトウェアRobotStudio®とIRB 6700ロボットを使用して、 Parley Ocean Plastic®から作られた様々なプリント家具やホームウェアなどのオブジェを製作することが可能です。ロボットは、ナガミ独自のプラスチック押出機と連動してオブジェクトを印刷し、画面上でお客さまが選択し、施設内でオーダーメイドすることができます。

「Parley Ocean Plastic®は、海洋プラスチック汚染と海洋破壊に対応した変化を起こすために考案されました」と、Parley の創業者兼CEOのCyrill Gutsch氏は語っています。「ABBとNagamiという業界をリードする2社と協力することで、世界のどこでもオンデマンドで印刷できるようになり、問題を解決に導くことができるようになりました。セルフリッジズのような小売店内で直接印刷することで廃棄物を削減する大きな可能性を超えて、このテクノロジーを使用して世界中の地域コミュニティに力を与え、地域のプラスチック汚染をビジネスチャンスや有用なオブジェに変えるツールを提供したいと考えています。 海、気候、そして生命のために」



ロボットによる小売体験の変革
このデモンストレーションは、エコイノベーションの重要性を強調するだけでなく、小売業者の店舗への集客を支援するロボットによる自動化の可能性をより広くアピールするものです。調査機関Coherent Market Insights1では、2028年までに小売業におけるロボットの導入が30%増加すると予測しています。

「ロボットは、お客さまをハイストリートに呼び戻すためにますます活用されるようになっています。今後の導入は、マイクロフルフィルメント(ロボットを店内で使用して注文の処理と配送を可能にする)、パーソナライゼーション(ロボットがお客さまの特定の要件に合わせて製品を製造し、過去の購買習慣に関するデータを活用して新しい選択肢を提供する自動パーソナライゼーションというオプションも追加)、『リテールテイメント』(ロボットをインタラクティブなディスプレイやショーの一部として使用してお客さまに情報を提供したり楽しませたりする)、といった主に3つの傾向に影響されるだろうと考えています 」と、セグーラは述べています。
一例として、ドイツのファッション小売店Solebox社のベルリン店でのABBのロボットによるデモでは、お客さまが選んだ靴を、スクリーンを使ってピッキングしています。靴が合わなかったり、他のものを試したりしたい場合は、ロボットが引き出しから靴を取り出し、棚に戻します。中国では、中国の移動体通信会社ファーウェイがABBと共同で開発した、スマートフォンやタブレット端末などさまざまなデバイスを受け取ることができる小売用キオスクがあります。キオスクは、繁華街に位置するように設計されており、キオスクを利用するお客さまはABBのFlexBufferシステムを使用して、オンラインで注文したデバイスまたはオンサイトで購入したデバイスを選択します。 選択されると、製品はお客さまが持ち帰るためにコレクションドロワーに配置されます。

マーク・セグーラは、「カウンターの前にも後ろにもロボットを導入できることは、小売業にとって大きなチャンスとなります」と述べています。「店内のマイクロフルフィルメント業務をロボットに任せることで、スタッフは接客業務から解放され、お客さまにより良い体験を提供することに集中できるようになります」

「セルフリッジズでの設置で実証されたように、ロボットは店頭でも使用でき、消費地でのパーソナライズされた商品生産を可能にし、小売体験に全く新しい次元をもたらします」
この新しいお客さまセグメントは、ロジスティクス、ヘルスケア、建設などの新しい高成長セグメントへの拡大を加速するためのより広範な戦略の一環として、ABBのポートフォリオを拡大します。

www.abb.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする