www.engineering-japan.com
Zero Four News

400点の金属部品も最速10分で原価算出   3次元見積ソフトのゼロフォー、WEB版 「iQ35-Web」販売開始   モノづくりメーカーの「3次元データ化促進」をサポート

ゼロフォー株式会社(本社:神奈川県厚木市、代表取締役:石田 浩太郎 HP: https://zero-four.jp/ 以下、当社)は金属製部品(精密板金、製缶)の3次元データ見積原価自動計算ソフト「iQシリーズ」にWEB上で操作可能なWeb版3次元見積ソフト「iQ35-Web」を2022年1月6日(木)に発売開始いたします。

400点の金属部品も最速10分で原価算出   3次元見積ソフトのゼロフォー、WEB版 「iQ35-Web」販売開始   モノづくりメーカーの「3次元データ化促進」をサポート

製品に関してのお問い合わせ、ご購入は当社HP: https://www.zero-four.jp/contact/にて承ります

今回の「iQ35-Web」で、中小企業の企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化における3次元(以下、3D)化を進めるメーカーをサポートしてまいります。

◆「iQ35-Web」の特長
当社は2007年の創業以来、「日本のモノづくりを元気にする」事を目的に2013年より「iQシリーズ」をはじめ、中小企業のDX化促進をサポートするソフトを発売し、順調に業績を拡大してまいりました。

アナログでの事務作業の多い金属製品加工の業界において、当社はものづくり現場のニーズを取り入れた開発にこだわり、精密板金加工業・製缶業者に特化した見積りソフトウエア「iQシリーズ」を通じて、製品見積の精緻化を行い、導入企業の業務効率化をサポートしております。

今回販売する製品は「iQ35-SW(SolidWorksアドイン版、精密板金・製缶用原価見積ソフト)のWeb版になり、ソフト版同等の機能を有しております。

クラウド上に取り込んだ3D設計データを瞬時に解析し、単純な図面なら数秒、400部品を超える図面で、熟練の職人がしっかり計算して3日かかる見積も、ソフト版同様にキーボード数回をたたくだけで最速10分あれば自動で正確な見積が完成します。そして、クラウドの特性を生かし、データはクラウドサーバー上で蓄積、管理され、ネット環境があれば事務所や出先でも使用可能※1となり、利便性も大幅に向上します。


400点の金属部品も最速10分で原価算出   3次元見積ソフトのゼロフォー、WEB版 「iQ35-Web」販売開始   モノづくりメーカーの「3次元データ化促進」をサポート

WEB上でソフトを稼働できる「iQ35-Web」は自社のPCのスペックに依拠しない分、導入時のハードルが下がります。

本製品もソフト版と同様に材料費、人件費、工数、その他工場の経費や機械の償却費用、性能(加工能力)など、3,800~12,000にも及ぶ必要な経費項目をアプリケーションに事前に入力します。

当社はR&D実証工場の運営から基になるデータもあり、
この基礎となる入力は対象企業の社員1人と当社社員1人の合計2人で2日あれば完了できます。その作業が完了したら、実際の見積金額はパソコンのキーボードで数回クリックすれば、完成を待つだけとなります。加工方法や形状違い、製造数量など様々な条件に対応可能で、メーカーの試作品、量産品といった様々な発注条件にも対応可能となります。

尚、本製品も3Dデータの解析見積ソフトとして特化されており、非常にシンプルな機能で扱いやすく10 分程度で扱えるようになります。

※1:1ライセンスにつき1名のみのログインが可能です

www.zero-four.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする