www.engineering-japan.com
Watson Marlow

ワクチンの大量生産の課題

Watson-Marlow Fluid TechnologyGroupの新しいウェビナーが開始されます

ワクチンの大量生産の課題

Watson-Marlow Fluid Technology Group(WMFTG)は、世界的な需要を満たすためにワクチン生産を急速に拡大するという課題について議論する新しいnew webinarウェビナーを開始します。

ウェビナーでは、SARS-CoV-2の新規ワクチン候補の開発が大幅に進んでおり、開発期間が数年から数か月に短縮されています。専門家は、世界中で数十億の用量に生産を拡大するために残っている課題を探求し、この目標を達成するためにバイオプロセシング業界に必要な革新とコラボレーション、および現在プロセスで使用されているWMFTGテクノロジーについての見解を示します。

Watson-Marlow株式会社 Marketing Managerの近藤芳治は次の様に述べています。「COVID-19のパンデミックとワクチンの必要性に照らして、生物医薬品加工の専門家は、ワクチン開発プロセスを加速し、小規模な研究から臨床試験、そして広範な生産に至るまで製造を迅速にステップアップするための技術を適応させる必要がありました。この新たな課題を克服するためには、遺伝子治療などの隣接分野からの知識移転が不可欠です。製品の品質を維持し、規制要件を満たしながら効率的に拡張するには、検証済みのシングルユーステクノロジーの使用が不可欠です。」

ウェビナーには、WMFTGのバイオプロセシングの専門家が集まります。 Sade Mokuolu博士とPeter Birch、Cobra BiologicsのテクニカルディレクターであるTony Hitchcockからのご意見交換を行います。

「テクノロジーはすべての製造工程で同じでなければなりません。それがプロセス検証を達成し、規制基準を満たす方法です」とトニーはコメントしました。 「うまくいけば、これらのコラボレーションは、実証済みの技術の非常に現実的で強固な基盤に基づいて、真に画期的なものを生み出すでしょう。」

ワクチン生産を加速し、プロセスを強化し、生産をスケールアウトするために取られている大きな飛躍は、これらの分野でさらに大きな発展の舞台を設定します。今回、ワクチン製造のスケールアップに関する独自の視点を提供しているので、ウェビナーで詳細をご覧ください。

https://www.wmftg.com/ja-jp/news/vaccine-webinar/

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする