www.engineering-japan.com
dSPACE News

dSPACEがBTC社とのパートナーシップを拡張 シミュレーションを用いたADAS/ADの妥当性確認や認証が現実的に

dSPACEでは、自動車業界のお客様がシミュレーションベースのソリューションを用いて自動運転機能の妥当性確認や認証を行えるようにするため、長年にわたるBTC Embedded Systems(BTC)社とのパートナーシップをさらに拡張しました。

dSPACEがBTC社とのパートナーシップを拡張 シミュレーションを用いたADAS/ADの妥当性確認や認証が現実的に

このソリューションは、dSPACEが開発した革新的なシミュレーションおよび妥当性確認環境であるSIMPHERAをベースとしており、BTC ScenarioPlatformをシームレスに統合することができます。両社の専門技術を組み合わせたこのソリューションを使用すると、ADAS/ADシステムの妥当性確認を扱いやすく高度に自動化された形で実行し、それに基づいて認証を行えるようになります。

現代の運転支援システム(ADAS)や自動運転(AD)の機能は驚くべき進歩を遂げており、妥当性確認や安全性の検証をシステムレベルで行ううえでの主要な諸問題も克服されつつあります。自動運転機能の自動化や実用化を目指すためには、データの管理やテストの作成、シミュレーション、およびリスク分析を含む評価が可能な効率的なプロセスを備えた仮想的かつスケーラブルなシミュレーションソリューションが不可欠です。そのため、dSPACEでは、この目的に用途を絞った特別なソリューションをBTC社とともに開発しました。

dSPACEは、業界リーダーとして、自動車業界のお客様がすべてのシステムレベルで機能の検証と妥当性確認(V&V)を行えるようにするため、シミュレーションベースのソリューションを提供しています。このソリューションは高度に現実的なシミュレーションモデルやデジタルツインをベースとし、カスタマイズも可能であるため、コンポーネント、システム、および車両の各レベルでECUソフトウェアや電子部品のテストを行ったり、安全性を検証したりすることができます。dSPACEのV&V環境では、異なるテストレベル間をシームレスに移行できるだけでなく、定期的にテストを再利用してSILやHILで継続的に妥当性確認を行うことができます。

確立されたAutomotive Simulation Models(ASM)をベースとした、新しいウェブベースのシミュレーションおよび妥当性確認用ソリューションがSIMPHERAです。SIMPHERAは、今年の後半にはお客様の一般的なプロジェクトで使用できるようになります。また、ADAS/ADシステムの検証のために、高い拡張性と直感的な操作性を兼ね揃えたこの環境では、オンプレミスとクラウドの両方で使用することが可能です。そのため、任意の場所からアクセスし、共同で使用することが可能です。

BTC社は、自動車業界における国際的なリーダーとして、ソフトウェアのテストおよび検証向けツールを提供しています。同社は、シナリオの作成、テストの生成、およびカバレッジに基づいたテストの評価が可能な高度に自動化されたソリューションであるBTC ScenarioPlatformや、グラフィカルなトラフィックシナリオを直感的に作成できるBTC ScenarioComposerを提供しています。これらの高レベルの抽象化機能を活用すれば、数千にも及ぶテストケースをたった1つの抽象シナリオで書き表すことが可能です。また、テストの生成も、モデルチェックやAI、インテリジェントな弱点解析といった高度なテクノロジによって自動的に行えるため、テストケースを静的手法や統計的カバレッジ指標に基づいて効率的に生成することができます。

このソリューションでは、ランダムまたは「総当たりの」テスト生成手法とは対照的に、テストデータ量を大幅に削減できると同時に明確な指標を提供することが可能です。そのため、将来的な認証基準にも合わせた形でテスト作業の完了条件を見極めることができます。さらに、シミュレーション結果はBTC RuleObserverによって自動的に評価されるため、交通ルールや安全目標の順守も確実に行うことができます。

www.dspace.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする