www.engineering-japan.com
IDS Imaging Development Systems GmbH

IDS、Ensenso N 3D カメラシリーズを拡張

新しい設計と改良された電子回路:Ensenso N40/N45 3D カメラはコンパクトで軽量、協働に適しています

IDS、Ensenso N 3D カメラシリーズを拡張
Ensenso N40 と N45:繊維強化プラスチック製ハウジングで軽量化

Ensenso N シリーズはコンパクトで丈夫な 3D カメラシステムで、ロボット工学や自動量産での 3D 用途に特化して設計されています。IP65/67 保護機能を備えているので、過酷な環境での使用にも適しています。 新たに N40 と N45 モデルが加わり、カメラファミリーが拡張されました。 これらのモデルには、内部にも外部にも斬新な設計が施されています。 軽量で、エッジに丸みを付けたこのモデルは、協働ロボットなど、新たな用途に活用できる可能性を持っています。

新しい Ensenso N40/N45 3D カメラは繊維強化プラスチック製で、IDS 製品の中でも最軽量のステレオビジョンカメラとなっています。そのため、ロボットアームに取り付けた場合、ロボット機構に与える応力が軽減されます。カメラのエッジは丸みが付けられているので、負傷のリスクも低下します。その結果、人間の作業員との協働作業にも卓越した性能を発揮します。さらに、ハウジングは保護等級 IP65/67 の要件に準拠し、埃、塵埃、水滴に対する耐性があります。

電子回路も新しい 3D カメラ向けに刷新されました。改良された赤外線プロジェクターにより、光の出力が強化され、熱管理が最適になります。特に、データ品質が改善され、結果としてクロックレートが高まります。プロジェクターはオプションで、可視領域での青色光線 (465 nm) または赤外線 (850 nm) で使用できます。

新モデルにはそれぞれ、2 台のモノクロ CMOS センサー (グローバルシャッター、1280 x 1024 ピクセル) が備えられ、トリガーとフラッシュ用のねじ止め式 GPIO コネクターが搭載されています。Power-over-Ethernet により、長いケーブル距離でもデータ転送と電力供給を実現できます。IDS Web サイトで Ensenso 選択ツールを利用すると、正しいカメラモデルを選択できます。

すべてのモデルについて、新しいステレオマッチングプロセスを Ensenso SDK 3.0 を使用する際の新たな標準として利用でき、極めて詳細な点群が提供されます。「PatchMatch」は被写体との異なる長距離で非常に効果的に機能し、アルゴリズムの実行速度に大きな影響を与えません。できる限り短時間で大きな体積を撮影する場面で、特に有効です。

詳しい情報は : https://jp.ids-imaging.com/ensenso-3d-camera-n-series.html


IDS、Ensenso N 3D カメラシリーズを拡張

Ensenso N40 と N45:繊維強化プラスチック製ハウジングで軽量化

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする