www.engineering-japan.com
EPLAN

EPLANが、サブスクリプション方式による新ライセンス提供を発表

産業界における業態の転換が急速に進んでいます。その結果、市場の状況も変化しつつあります。EPLANは、こうした変化への対応に一貫して取り組んでおり、2021年8月からは、ソフトウェアの新ライセンスをサブスクリプション方式でのみご提供します。特にお客様のメリットとして、柔軟性が向上します。

EPLANが、サブスクリプション方式による新ライセンス提供を発表
Sebastian Seitz:「当社はお客様との関係をさらに強化したいと考えています。デジタルトランスフォーメンションを始めとして産業界の転換が進むなか、緊密なコミュニケーションこそがお客様と当社の両方にとって成功への基盤になるとの思いからです。」と、EPLANのCEOであるSebastian Seitzは説明しています。

EPLANは、2021年8月1日以降、新しいライセンスをサブスクリプションとしてのみご提供していきます。EPLANのCEOであるSebastian Seitzは、この変更を次のように説明しています。「当社は将来を見据えて、100%お客様に合わせた事業展開を進めています。今回の大きな決定は、現在のお客様はもとより、新しいユーザーにもご評価いただけるに違いありません。」導入しやすい条件やサブスクリプション期間中の柔軟性に加えて、今後のEPLANバージョンのリリースで盛り込まれる新機能がすべてパッケージ化されるなど、この上ないメリットがあるとSeitzは確信しています。

お客様との強固な対話を目指して
「当社の取組みはすべて、お客様の成功に主眼を置いています。ソフトウェアの開発では、お客様に完全に納得いただくことはもちろん、新たな可能性を刺激するものにしたいと考えています。」このSeitzの説明はまた、“効率的なエンジニアリングでお客様を確かな成功へと導く”という当社の社是を表すものでもあります。さらに、Seitzはサブスクリプション方式がお客様とのいっそう強固な対話をもたらすものとも期待しています。「当社はお客様との関係をさらに強化したいと考えています。デジタルトランスフォーメンションを始めとして産業界の転換が進むなか、緊密なコミュニケーションこそがお客様と当社の両方にとって成功への基盤になるとの思いからです。」

この新しいサブスクリプションの条件は、今すぐご利用いただけます。ただし、2021年7月31日までは、新ユーザーと現行ユーザーのいずれも、新規あるいは追加ライセンスの永久ライセンスとしての提供を続けます。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする