www.engineering-japan.com
IDS Imaging Development Systems GmbH

IDS、オートフォーカス対応ボードレベル・カメラのラインナップを拡大

 uEye LE AF産業用カメラは、その実用的なオートフォーカス機能によって、対象物までの距離が頻繁に変わる場合でも完全に焦点の合った画像が得られます。IDS Imaging Development Systems GmbHでは、新たに2.1 MPと3.1 MPのSony社製センサを搭載した機種を追加して、アプリケーションの設計やカメラの組込みにおける柔軟性をさらに高めます。また、同製品シリーズとして初めてUSB Type-Cポートをボードに垂直に設けたモデルもご用意しました。

IDS、オートフォーカス対応ボードレベル・カメラのラインナップを拡大
図( IDS Imaging Development Systems GmbH):IDS のuEye LE AFカメラシリーズは、実用性の高いオートフォーカス機能を備えています

これまで6.4 MP(IMX178、58 fps)と18.1 MP(AR1820HS、20 fps)センサを搭載したuEye LE AFカメラをご提供してきましたが、これに加えて、2.1 MP(IMX290、120 fps)と3.1 MP(IMX265、80 fps)センサ搭載のモデルも購入いただけるようになりました。全てのカメラはUSB 3.1 Gen 1インターフェースのほか、たとえばLED光源や光電センサへの電源供給に使えるUSB Power Deliveryを備えており、液体レンズの使用と制御も可能です。

オートフォーカス機能により、レンズを物理的に操作できない場合や、レンズと対象物の距離が頻繁に変わる場合にもシャープな画像を瞬時に取得します。そのため、このボードレベル・カメラは、物流(荷物の入庫や仕分けなど)や交通監視といった分野のアプリケーションに特に適しています。また、わずか36×36×20mmというコンパクトな設計から、組込み用画像システムでも強みを発揮します。したがって、小型の医療機器や産業機器への統合にも魅力的です。

詳しい情報は: https://jp.ids-imaging.com/store/products/cameras/ids-camoptions/オートフォーカス/sort-by/position/sort-direction/desc.html

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする