www.engineering-japan.com
TWK

SIL2認定の新しい磁気式エンコーダTBN/TRN-S4シリーズ

TBN/TRN-S4シリーズは第三者認証機関のTÜV(テュフ)社からSIL2に認定されており、安全にかかわるアプリケーションで利用したいというご要望にお応えしす。このTBN/TRN-S4シリーズは1回転あたりの分解能が向上(TBNモデル)し、幅広く様々なアプリケーションに対応できることから、TWKの実績ある機能安全対応の磁気式エンコーダの製品シリーズがさらに充実しました。同センサシステムは、分解能を最大16ビットにとることが可能です。また、アブソリュート式の回転ギヤによって(TRNモデル)、複数回の回転をともなう部品でも、その回転数など(最大12ビット)を検出できます。オールラウンドな機能をもつシリーズとして、大型の堅牢なモデルから小型のモデルまで全てをカバーしていますので、使用環境の影響に対する基準はそれほど高く求めないものの費用対効果は必須であるという場面で活用いただけます。

SIL2認定の新しい磁気式エンコーダTBN/TRN-S4シリーズ

安全に位置情報を出力するのに加えて、速度信号も生成します。その速度を記録するためにサンプリング間隔を変えることが可能です。デフォルトのサンプリング間隔は100msとなっていますが、仕様に合わせて1~1000msの間で設定できます。そのため、たとえば大径ベアリングによる旋回アプリケーションなどでも、時間に基づいて速度信号を広範に活用可能です。

さらに、多彩な製品ラインナップから機械的仕様の異なるモデルをお選びいただけます。たとえば軸径をØ 12mmとして止まり穴を設けた軸や、様々な軸径(Ø6、Ø10、Ø12 mm)による軸設計と合わせて取付け用フランジを設けたモデルをご用意しています。また、オプションとしてDカットや平行/半月キー用の軸にもお応えしています。


SIL2認定の新しい磁気式エンコーダTBN/TRN-S4シリーズ
TBN58-S4

アキシャル方向とラジアル方向に250N以上の耐荷重を実現しています。このような耐荷重の高さから、過酷な環境でも利用できます。また、厳しい産業環境に向けた特殊な仕様に応えるため、それぞれのモデルに最大500±50gの耐衝撃荷重をもたせた製品をご用意可能です。そのほか、海上アプリケーションや食品産業など特殊な仕様に対しては、海水に耐性のあるアルミ(AlMgSi1)製に加えて、ステンレス鋼(SUS303あるいはSUS316L)製ハウジングの製品もご提供しています。


SIL2認定の新しい磁気式エンコーダTBN/TRN-S4シリーズ
CANopen Safety SIL2およびCANopen対応のTRN58

TBN/TRN-S4シリーズは保護等級IP66となっており、温度範囲-40~+85℃のもとで使用できます。特に厳しい仕様に対しては、ハウジング全体を密閉してIP69Kに対応可能とするオプションもご用意しています。また、電気的インターフェースはケーブル出力あるいはコネクタ出力(M12センサ・プラグ)として設計可能です。


SIL2認定の新しい磁気式エンコーダTBN/TRN-S4シリーズ
TRN42-S4

制御システムとしては、最新世代のCortex 32ビット・コントローラによってハードウェア・プラットフォームを構成しています。そのほか、最大限に多様なアプリケーションに対応できるよう、シールド接続や電源に対するDC/DCコンバータ、出力信号への電気絶縁の追加などについて様々な使い方にお応えしています。

SIL2認定のTBN/TRN-S4シリーズについて、詳しくは次のリンクから対応の記事をご覧ください:https://www.twk.de/en/news/press/new-tbn/trn-s4-series-with-sil2-certification

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする