www.engineering-japan.com
Mitsubishi Electric News

協働ロボット「MELFA ASSISTA」発売のお知らせ

人と共に作業ができる協働ロボットで、生産性向上とTCO削減に貢献

協働ロボット「MELFA ASSISTA」発売のお知らせ

                                                                                                                                                         

三菱電機株式会社は、自動車・電気電子部品・食品・医薬品・衛生用品等の業界向けに、衝突検知などの安全機能を備えた人と共に作業ができる協働ロボット「MELFA ASSISTA」と、本ロボットの導入・立ち上げを容易にするプログラム作成ツール「RT VisualBox」を5月21日に発売します。直感的な操作が可能な本製品により、製造現場での導入が容易となり、事業環境変化への柔軟な対応と生産性向上、TCO(Total Cost of Ownership:総保有コスト)削減と共に、製造現場における作業者間の距離確保という新たな課題の解決にも貢献します。


協働ロボット「MELFA ASSISTA」発売のお知らせ

新製品の特長

1. 直感的な操作が可能なプログラム作成ツールで、システム設計を容易化

  • 独自のプログラム作成ツール(エンジニアリングソフトウエア「RT VisualBox」)を開発。ブロック図を用いることで、直感的な操作で簡単にロボットシステムのプログラム作成が可能。ロボットハンドやカメラなどの周辺機器との接続設定も容易
  • プログラムの開発・設計工数やシステムの保守管理工数を削減

2. ロボットアーム上の専用操作ボタンで、ロボットへの教示作業を容易化

  • ロボットアーム上に搭載した専用操作ボタンで、ロボットへの教示作業(動作の記録・再生作業)を可能とし、これまで必要だったティーチングボックス※1が不要
  • 教示作業に必要な操作数を最低限にすることで、習熟度の低い作業者でも短時間で簡単に設定が可能

      ※1 プログラム作成や実作業の動作を記録・再生するための入力・操作装置

3. ロボットアーム上のLEDライトで、ロボット単体で稼働状態を表示

  • 稼働状態を表示するLEDライトをロボットアーム上に搭載。ロボット近くの作業者が一目でロボットの状態を把握でき、安心な協働作業環境を構築
  • これまで周辺機器として設置していた稼働状態表示装置が不要

www.mitsubishielectric.co.jp

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする