www.engineering-japan.com
TDK News

EMC対策製品: 車載Ethernet 1000BASE-T1用コモンモードフィルタACT1210Gシリーズの開発と量産

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、車載Ethernet 1000BASE-T1用コモンモードフィルタ 「ACT1210G」シリーズを開発し、2020年5月から量産したことを発表します。

EMC対策製品: 車載Ethernet 1000BASE-T1用コモンモードフィルタACT1210Gシリーズの開発と量産

  • 車載Ethernet 1000BASE-T1のOPEN Alliance(*1) 規格準拠
  • 高精度自動巻線工法により高品質、高信頼性を確保
  • 使用温度範囲-40℃ ~ +125℃
  • AEC-Q200準拠

本製品は、車載Ethernet 1000BASE-T1用のOPEN Alliance規格に準拠し、車載Ethernet通信において重要なSパラメータ(*2)の良好な特性を実現しました。また、外部電極端子に金属フレームを用いることで高耐熱化を実現し、-40℃ ~ +125℃の高温環境で使用することができます。また、製造プロセスには高精度自動巻線機を導入し、一貫自動化ラインでの生産により高品質、高信頼性を維持しています。

現在普及している車載通信規格のCAN-BUS、Flex-Ray等に使用されているコモンモードフィルタの外形サイズは、L4.5×W3.2×H2.8 mmが主流ですが、「ACT1210G」シリーズは、L3.2×W2.5×H2.4 mmと小型です。車載ネットワーク通信の高速大容量化が進むと同時に、安全支援システムに用いられる車載カメラの基板は高密度実装により小型化が図られており、本製品は省スペース化に貢献します。

今後は、さらなる使用温度範囲の拡大や高速通信対応などラインアップの拡充を図り、多種多様な車載用機器設計に対応していきます。

www.jp.tdk.com

 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする