www.engineering-japan.com
EPLAN

EPLAN FieldSys:コントローラとフィールドレベル間のケーブル配線計画を最適化 するツール

EPLAN FieldSysを使うことにより、ケーブル敷設ルートを正確に拡大・縮小することがで きます。この包括的なプラニングツールは、ラウティング機能や、ケーブルルートのデー タベース支援管理、自動データ解析などの機能を持っており、プロセスを早め、アセンブ リとサービスを簡素化にし、効率の良いシステム計画を可能にします。

EPLAN FieldSys:コントローラとフィールドレベル間のケーブル配線計画を最適化  するツール
グリッドネットワークと生産現場の2D
レイアウトおよびフィールドケーブリングのレポート 

EPLAN FieldSysは、フィールドケーブリングのためのアドオンモジュールで、新製品の
EPLAN Platform 2.2と共に2012年10月にリリースされます。EPLAN FieldSysは、2次
元の 機械/プラントのレイアウトをベースにしており、例えばDWGあるいはDXF形式でEPLANに読
み込ませることができます。EPLAN Platformにおけるこのシステム構成は、ケーブルルー
トのネットワークに関する拡大・縮小機能をこのレイアウトに加えることができ、可能な
ケーブル配線ルートを表示させることができます。これは、コントローラとフィールドコ
ンポーネント間の接続を効率的に計画し、文書化して永久保存することが可能になること
を意味します。次のステップとしては、レイアウトの配線図に記録されているオートメー
ションコンポーネントとフィールドデバイスを配置します。

分かりやすい様々なレポート
電気配線図に定義されたデバイス間の接続に基づいて、EPLAN FieldSysは定義されたネッ
トワークの中で全てのケーブル接続を表現します。様々な敷設ルールは、ネットワーク全
体の最適なケーブルルート計画を支援します。デバイスを接続するために必要な「遊び
分」のケーブル長も計算されます。このような配線接続情報に基づき、EPLAN FieldSys
は、ボタンを押すだけで、分かりやすい様々なケーブルレポートを出力します。これらの
レポートはアセンブリのために特に重要です。ケーブルの始点から終点までの接続情報を
始め、各ケーブルの種類と接続に必要なケーブル長を正確に計算し結果を出力します。敷
設工程に有効な、全てのケーブル1本1本に対する正確なルートを示すレポートもありま
す。作業者は、始点から終点まで一つずつドキュメントに従って作業し、理想的に定義さ
れたケーブルルートを素早く見つけることができます。

メンテナンス:必要な全情報を一目で
機械/プラントのレイアウトやケーブルルート、ケーブルレポートを基本要素として持っ
ていると、自動化ドキュメンテーションの価値が飛躍的に向上します。全ての重要な情報
が、フィッティング作業段階だけではなく、サービスインシデントにおいても簡単にアク
セスできます。システム内のコンポーネントはどこにあるのでしょうか?モータ制御回路
から機械レイアウトまでの配線図内のナビをクリックすると、最も適切なモーターの場所
を正確に示してくれます。モータのケーブルは損傷を受けないのでしょうか?このレイア
ウトおよびレポートは、ケーブルを機械内にどのように配置すべきか明確にします。シス
テムは、エラーがある場所を明示してくれます。

EPLAN FieldSys:コントローラとフィールドレベル間のケーブル配線計画を最適化
するツール
新製品EPLAN FieldSysを使えば、コントローラとフィールドコンポーネント間のケーブル
ルートを正確に構成し、拡大・縮小することができます。

 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする