www.engineering-japan.com
NORD Drivesystems

NORD:状態モニタリングで予知保全の実現を

機械や工場の安全な操業と効率を最適化するために、NORD DRIVESYSTEMSのシステムは定期的あるいは恒久的にドライブデータや状態データを記録します。この情報に基づいて、予知保全への展開も可能です。駆動用電子機器のインテリジェントなPLCで、アナログおよびデジタルデータ(測定値や信号、運転パラメータ)を効率的かつ総合的に素早く評価して、その基盤を整えましょう。

NORD:状態モニタリングで予知保全の実現を
予知保全のための状態モニタリング:NORD DRIVESYSTEMSの駆動機器ベースのアプローチなら、機械や工場の安全性と効率が大幅に向上します。この図は、物流アプリケーションに活用した例です。

予知保全の目的は、機械や工場を能動的に維持管理し、早期に変化を検出して、ダウンタイムの削減と工場全体の効率を高めることです。状態指向の保全によって、従来の時間ベースの保守を置き換えます。早い段階で不適切な動作状態を検出・防止できれば、予期せぬダウンタイムと機械の故障が防げます。このような予知保全では、実際の駆動機器やプロセスデータに基づいて機械や工場を計画的に休止できるようになります。工場や機械のオペレータの皆様は、ぜひNORD DRIVESYSTEMSのドライブ技術を活用ください。保守作業と資材費用の削減になるうえ、工場の可用性向上につながります。さらなる利点として、部品や機械の運用寿命が拡大し、事前に最適化したコストのもとで保守が可能になります。

高度な処理アルゴリズムでドライブデータを活用
 NORD DRIVESYSTEMSは、駆動機器ベースのアプローチを活用し、高度な処理アルゴリズムとバーチャルなセンサによって、状態モニタリング情報を予知保全に向けた情報へと変換します。たとえば、オイルの温度に基づいて、その最適なオイル交換時間をセンサー無しに決定することができます。これは、ギアユニット内のオイルの劣化において、その主要な要因が温度であるという事実に基づいたものです。この情報をギアユニットのパラメータや個別の運転パラメータと組み合わせることで、オイル交換の時期を正確に計算することが可能になります。物理的な温度センサは必要ありません。NORDの周波数インバータに内蔵の評価用として使われているPLCは、ドライブデータを高度な処理アルゴリズムによって前処理しています。お客様はその計算データに、一般的なあらゆるインターフェイスを介してアクセスできます。

それぞれのソリューションに適したPLCソフトウェア構成
 駆動機器はオプションを用いて、それぞれの自動化タスクに見合うよう拡張・調整可能です。お客様は、駆動機器に直接盛り込みたいタスク(ドライブモニタリング、ドライブ制御、プロセス制御)を選択いただけます。また、小規模な生産現場では、工場の再編成を行うことなく、まず実行してみるというスケーラブルな可能性が生まれます。当社では3つの構成レベルをご用意しています。最初のレベルは、ドライブユニットのPLCだけで、ドライブモニタリングを行うものです。PLCによってドライブのパラメータを前処理し、ドライブ制御やプロセス制御を担う上位の制御システムに送信します。次のレベルは、ドライブ制御をPLCに統合して、ドライブ関連の機能も実行します。さらに高い構成レベルでは、インバータのPLCで、上位の制御システムを完全に置き換えます。制御ユニットへの通信を除いて、そのデータに対し、インターネット接続することなくローカルなデータ管理を任意に適用可能です。


NORD:状態モニタリングで予知保全の実現を
駆動用電子機器のインテリジェントなPLCで、アナログおよびデジタルデータ(測定値や信号、運転パラメータ)を効率的かつ総合的に素早く評価して、状態モニタリングや予知保全の基盤を整えます。

Meta description: NORDの駆動機器ベースのアプローチなら、機械や工場の安全性と効率が大幅に向上します。もっと詳しく!
NORD DRIVESYSTEMS、予知保全、状態モニタリング、ドライブ、駆動機器、ドライブシステム、ギアユニット、周波数インバータ、インダストリー4.0、メンテナンス、保守、効率、ダウンタイム、システムの可用性、アルゴリズム、オイル交換時間、オイル温度

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする