www.engineering-japan.com
Rohm Semiconductors News

映像伝送経路のシンプル化を実現する 車載マルチディスプレイ向けSerDes IC「BU18xx82-M」を開発 フルHD対応品では業界唯一※となるEnd to Endのデータ監視により、機能安全にも貢献

ローム株式会社 は、マルチ画面化する車載ディスプレイに向けて、フルHD(1,980×1,080ピクセル)対応のSerDes IC(シリアライザ:BU18TL82-M、デシリアライザ:BU18RL82-M)を開発しました。般的なSerDes ICは、映像伝送するためにシリアライザとデシリアライザをペアで接続する必要があります。一方新製品は、デシリアライザの「BU18RL82-M」がデイジーチェーン接続可能なため、シリアライザ1つで複数経路に映像伝送が可能です。

映像伝送経路のシンプル化を実現する 車載マルチディスプレイ向けSerDes IC「BU18xx82-M」を開発 フルHD対応品では業界唯一※となるEnd to Endのデータ監視により、機能安全にも貢献

コネクタやケーブルを削減できるため、映像伝送経路のシンプル化が可能となり、アプリケーションのシステムコストや故障リスク低減に貢献します。また、新製品は、フルHD対応のSerDes ICとしては業界で唯一、End to End※2(SoCからディスプレイまで)で映像データが正しく伝送されているかをCRC※3値の比較により監視する機能を搭載しており、アプリケーションの機能安全にも貢献します。

新製品は、2022年7月よりサンプル出荷(サンプル価格 1,500円/個:税抜)を開始しており、2022年9月から当面月産20万個の体制で量産を開始する予定です。生産拠点は前工程がローム浜松株式会社(浜松市)、後工程がROHM Electronics Philippines, Inc.(フィリピン)となります。


映像伝送経路のシンプル化を実現する 車載マルチディスプレイ向けSerDes IC「BU18xx82-M」を開発 フルHD対応品では業界唯一※となるEnd to Endのデータ監視により、機能安全にも貢献

今後もロームは、実装面積や消費電力の削減に加えて、信頼性向上にも寄与するICの開発を進め、自動車の進化と安全性向上に貢献していきます。

背景
近年、サイドミラーの電子化やクラスターの液晶パネル化に伴い、車1台あたりのディスプレイ搭載数が増加し、映像伝送経路の複雑化が進んでいます。これは、システムコストや故障リスクの増大にも繋がるため、映像伝送経路のシンプル化が課題でした。また、電子ミラーにおける映像固着や、クラスターパネルにおけるチェックランプアイコン不点灯などは、重大事故に繋がることから、機能安全を取り入れることも重要となっています。


映像伝送経路のシンプル化を実現する 車載マルチディスプレイ向けSerDes IC「BU18xx82-M」を開発 フルHD対応品では業界唯一※となるEnd to Endのデータ監視により、機能安全にも貢献

新製品は、デイジーチェーン接続とEnd to Endのデータ監視により、これらの課題を解決します。さらに、2021年6月から量産を開始している車載カメラモジュール向けSerDes IC「BU18xMxx-C」に搭載されている低消費電力・低ノイズといった特長は引き続き有しているため、映像伝送経路の複雑化が進む次世代車載ディスプレイに最適です。

製品ラインアップ
新製品「BU18xx82-M」は、車載信頼性規格AEC-Q100に準拠しており、車載アプリケーションに必要な信頼性を確保しています。また、シリアライザの「BU18TL82-M」は、入力インタフェースに関してOpenLDI及びMIPI-DSIをサポートしているため、幅広いSoCに対応することが可能です。


映像伝送経路のシンプル化を実現する 車載マルチディスプレイ向けSerDes IC「BU18xx82-M」を開発 フルHD対応品では業界唯一※となるEnd to Endのデータ監視により、機能安全にも貢献

  • CLL-BD=Clockless Link™-BD
  • データの複製機能。片側経路のデータ出力エラー時に、もう一方の経路で補完できる。また、後座用モニターなどにおいて、2画面に同じ映像を映す用途でも使用可能。

www.rohm.com

 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする