有害廃棄物の焼却炉を温度モニタリング

2018-09-13
2018年9月―極めて低速に運動する対象物からの熱画像収集は、本質的に難しい課題です。

画像: サーマル・イメージング・システムで耐火材の摩耗を検出できれば、保守間隔を長くとれます。


フルーク・プロセス・インスツルメンツは、化学廃棄物の焼却施設におけるこうした測定
上の課題に応えました。有害廃棄物は毎時4~6回転するロータリキルンで焼却されます。
このキルンを保護する耐火レンガは、常に劣化していきますので、必ず交換しなければなり
ません。従来は、安全率を大きく見込んだ間隔で定期的に交換を行い、焼却炉の重大な損傷
や有害物質の漏れ出しを防いできました。これに対し、フルーク・プロセス・インスツルメ
ンツでは、毎時2回転という低速な回転と同期して熱画像を取得できるRaytek CS210赤
外線ラインスキャニング・システムを納入しました。同システムは、キルンの外壁全体にわ
たって温度の偏りを検出し、焼却炉の状態に関する情報を所員に提供します。そのキルンの
外壁温度は、100℃から500℃におよびます。特に温度の高い箇所は耐火材が失われている
か、あるいは摩耗していることを示します。このモニタリング・システムの設置によって、
耐火材の運用寿命が延び、ダウンタイムが減少したことから、コストの大きな節減になりました。

asia@flukeprocessinstruments.com