安全をシンプルに プロフィネットインタフェース対応のRSL 400 PROFIsafe

2018-07-06
ロイツェ エレクトロニック社は産業ネットワークに簡単に組み込めるセーフティレーザースキャナの新モデルを発表

図: セーフティレーザースキャナ RSL 400 PROFIsafe

プロフィネットインタフェース対応の新型セーフティレーザースキャナ RSL 400は簡単に産業ネットワークへ組み込み可能です。

確実な通信に加え、セントラルアクセスポイントを経由して、診断やコンフィグレーションも容易になります。プロフィネットスイッチは取り外し可能な接続ユニットに統合されており、スキャナはネットワークを遮断することなく交換できるため、システムの稼働率に寄与します。

接続ユニットはM12コネクタの標準接続です。側面ケーブルのため、高さを抑えて設置できます。また選択肢として、ドイツ自動車産業向けデザイン、AIDA対応の銅と光ファイバケーブル用のプッシュプルコネクターを用いたコネクションモデルもご用意しています。

統合された2ポートスイッチは、プロフィネットの適合クラスC及びアイソクロナスリアルタイム通信(IRT)に対応しています。そのためRSL 400はライン型、リング型のみならず、スター型トポロジーにも適しています。

さらに標準PLCおよびセーフティPLCの同時アクセスが可能になることで、データ負荷も最小化されます。