Control Techniques、世界最強の男の力を得る

2018-06-25
可変速駆動装置の専門企業であるControl Techniquesが、世界最強の男との大胆なパートナーシップを発表しました。

世界最強の男として公式に認定されているエディ・ホール氏が、正式なブランド大使として、Control Techniquesの「大きな力」になることが決まりました。世界最強の男を決めるコンテストで頂点に立ったホール氏が、Control Techniquesの顔として、その製品と機能の認知度を高める役割を担います。

ニュータウンに本拠を置き、44か国に拠点を持つControl Techniquesは、ホール氏との契約締結を非常に喜んでいます。

Control Techniquesで、プレジデントを務めるAnthony Pickeringは、次のように述べています。「当社は現在、変革の過程にあります。新しいオーナーの下で、新しい製品が生まれています。そこで、改めて自社に対する確信を示すシンボルが欲しいと考えました」

「Control Techniquesはこれまでも、そしてこれからも、スペシャリストであり続けます。当社は駆動装置と関連技術によって、45年に及ぶ実績を重ねてきました。そのことからも、グローバルな舞台でひとつの頂点に立った、同じ英国出身のひとりの人物と連携するというアイデアに、大きな魅力を感じたのです」

「1973年以来、当社は何度も大胆な決断を行ってきました。エディ・ホール氏とのタッグも、Control Techniquesの数々の斬新な試みを引き継ぐものです。ホール氏とともに展開する今後の動きを目にした、人々の反応が楽しみです」

ホール氏は今回の契約により、一連の広告や公式行事への出席を含むさまざまなプロジェクトに参加し、世界的な規模でControl Techniquesのプロモーションに取り組む予定です。

ホール氏は次のように述べています。「Control Techniquesは私と同じように、特化した分野のスペシャリストとして活躍しています。自身の強みを発見し、ひたむきに取り組んで目標を達成することの重要性を理解しています」

「私は、英国の成功事例であるControl Techniquesの顔になることを誇りに思います。同社の各チームが本来のインパクトを残すことができるよう、サポートすることを楽しみにしています
#