ロバステルのMEG5000が、Red Dot Product Design Awardを受賞しました。

2018-05-17
ロバステルのエッジ・コンピューティング向けモジュール式ゲートウェイが、2018年のRed Dot Product Design Awardを獲得しました。

2018年4月20日、ドイツ・ミュンヘン: ロバステル(Robustel)は、弊社のエッジ・コンピューティング向けモジュール式ゲートウェイMEG5000が、2018年のコミュニケーション テクノロジー(通信技術)部門でRed Dot Product Design Awardに輝いたことをご報告します。

Red Dot Design Awardは、プロダクト・デザインに関して、世界で最も知名度があり評価の高い賞です。2018年のコンペティションには、59ヵ国のデザイナやメーカーから、6,300点以上の応募がありました。その厳格な審査基準には、革新性や機能性、形状の完成度、人間工学に基づくデザイン性、耐久性などの水準が含まれます。この基準に、審査員がそれぞれの専門性を加味して審査を行うものとなっています。

IoTに対応したエッジ・コンピューティング向けモジュール式ゲートウェイMEG5000は、高速なデータ処理能力を備えています。また、拡張可能な3枚のカード構成によって様々なインターフェイスをサポートしており、インダストリアルオートメーションやインダストリ4.0、産業通信分野など産業向けIoTアプリケーションに対するニーズの変化に応じたカスタマイズが可能です。

ロバステルの副社長Yi Huangは次のように説明しています。「ドイツのRed Dot Award受賞は、産業向けIoT分野におけるロバステルの革新力とともに、お客様がスマートに接続できる新たな次元を切り拓いた当社の専門設計チームの取り組みが高く評価されたものと言えます」。

MEG5000は、7月に発行予定の受賞デザイン集Red Dot Design Yearbook 2018/2019に掲載されます。また、ドイツ・エッセンにあるRed Dot Design Museumで開催の特別展“Design on Stage - Winners Red Dot Award: Product Design”でも展示されます。


MEG5000ついての詳細は、下記ウェブサイトをご覧ください:
http://www.robustel.com/products/modular-Edge-Gateway/meg5000-modular-edge-gateway.html

ロバステルについて

ロバステル(Robustel)は、産業用IoTやM2M向けハードウェアとトータルソリューションのリーディング・メーカーです。2010年に中国・広州市で創業して以来、ロバステルは世界100ヵ国以上のお客様にセルラー・ルータやゲートウェイ、モデム、クラウド・プラットフォーム、E2Eソリューションを提供してきました。当社のソリューションは、スマートグリッドや石油・天然ガス、金融、セキュリティ・監視、FA、e-Healthを始めとする多数の産業分野を対象としています。現地オフィスをドイツ・オーストラリア・日本・英国・オランダ・香港に置き、お客様にはAT&T、China Mobile、Deutsche Telekom、Rogers、TeliaSonera、VodafoneNTTドコモなど大手の携帯電話会社もございます。

ロバステルのプレス窓口:
Benny Huang
Phone: +86-13824485184
Email: marketing@robustel.com
#