ロックウェル社、ソフティングのOPC開発ツールキットをエンコンパス・パートナー・プログラムに追加

2018-02-07
ソフティングのOPC開発ツールキットが、新たにロックウェル・オートメーション社のエンコンパス・パートナー・プログラムに加わりました。

ロックウェル・オートメーション社は、OPC ClassicおよびOPC UAを自動化アプリケーションに組み込むためにソフティングが提供する開発ツールキットをエンコンパス・パートナー・プログラム(Encompass Partner Program)に加えました。同プログラムはパートナー企業の製品を広範に網羅することで、ロックウェル・オートメーション社自身の製品ポートフォリオを強化するとともに、同社の製品を用いた開発力を支援するものです。今回、ソフティングの開発ツールキットが加わったことで、OPC ClassicやOPC UAサーバの開発速度がさらに高まることになりました。この開発ツールキットには、OPCの機能性を備えた製品の開発を容易にする包括的な参照ライブラリ群が揃っています。。
 
ソフティング・インダストリアル(Softing Industrial)は、子会社であるソフティング(Softing Inc.)を通じて、ロックウェル社エンコンパス・パートナー・プログラムのメンバーを長きにわたり務めてきました。そのため、同プログラムには他にも、ケーブルの試験・認証を行うモバイル式テスタ(WireXpert、NetXpert)を始め、様々なインターフェース・カードなど、ソフティングの製品が登録されています。
 
OPC開発ルールキットに関する詳細は、オンラインでもご確認いただけます。https://industrial.softing.com/us/products/software-connectivity/opc-development-toolkits.htmlをご覧ください。
 
国内のお問い合わせは、Softing社の日本代理店 ガイロジック株式会社までお願いいたします。
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-11
松栄ビル5階
Softing Industrial Automation GmbH
ガイロジック株式会社
Tel/Fax: 0422-23-5181
Mail: softing_jp@gailogic.co.jp
#