ワイヤレスでマルチタッチ、安全機能も:HGW 1033

2017-10-11

マルチタッチ・ディスプレイと安全機能を備えたシグマテックのワイヤレス操作パネル:HGW 1033

シグマテック(SIGMATEK)の携帯型ワイヤレス操作パネルHGW 1033は、最大限の操作性を実現しています。何よりもまず、ワイヤレスでデータ送信することから、工場内を長々とケーブルを引きまわす必要が無くなります。さらに、産業用途に適した10.1インチのマルチタッチ・ディスプレイ(PCT〔投影型静電容量〕方式)を採用し、多彩な視覚化方法や直感的な操作コンセプトに応えます。

最新HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)のHGW 1033には、確認ボタンやキー・スイッチ、点灯式の非常停止ボタンなど、セーフティ機能がすでに装備されています。非常停止ボタンは、アクティブでない場合にはグレーですが、赤色に点灯しているときはHGW 1033が適切にシステムとリンクし、安全機能要素が使用できる状態にあることを示します。機能指向データと同じように、安全データも標準WLANを介して送信します。ただし、安全データは、ブラック・チャネル原理に基づいています。 ワイヤレスHMIなら、機械オペレータはたった1台の操作パネルで柔軟にチェックするポイントを選びながら、複数の機械やロボット、システム・ユニットを同時に運用できます。こうした使い方に応えるよう、機械を識別するために信頼性の高い7セグメント表示器も組み込まれています。

デュアルコアのEDGE2 Technologyプロセッサが必要なグラフィック能力を発揮するとともに、背面に内蔵したバッテリーは、充電無しに2時間の連続使用を保証します。さらに、ワイヤレス操作パネルHGW 1033ではOPC-UA仕様による通信をサポートし、標準仕様としてUSBインターフェースも備えています。また、オプション仕様としてRFIDリーダーを内蔵でき、例えばアクセスレベルの認証などに利用できます。

HGW 1033は、安全装備やバッテリー・パックを含めたフル装備でも重量は1,500gです。そのため、他の携帯デバイスと比べても手軽に扱え、操作の疲労感が確実に低減されます。

また、実用的な特徴とし、HGW 1033の背面グリップ・ユニットはマグネットを備えており、固定具無しに機械部品に取り付けることも可能です。



SPS IPC Drivesでは、ホール7・小間番号270までお越しください。

#