ESPRIT®は、インダストリー4.0対応のスマート・マニュファクチャリングに向けたソリューションを提供しています

2017-08-11
DPテクノロジーは、製造業で進むデジタルマニュファクチャリングへ向けた未来志向の工場を支援しています。そのためにデジタル・ツイン(digital twin)やデジタル・スレッド(digital thread)、マシン指向型(machine-aware)マニュファクチャリング、ナレッジベース加工、クラウド実現型データベースなどのソリューションを揃えています。

画像キャプション:この画像では、デジタル・ツインの一例として、5軸加工機で軸物部品を切削中の実加工とバーチャル・シミュレーションを重ねて表示しています。
 
 デジタル化した将来の工場環境に順応するため、そしてインダストリー4.0やスマート・マニュファクチャリングへの取り組みをしっかりサポートするために、DPテクノロジーは製造の自動化を推進する幅広いソリューションに力を入れています。特にESPRIT® CAMシステムなら、製造業のお客様はワークフローを合理化して、各生産プロセスがサイロ化するのを防ぐことができます。さらに、工具寿命や機械稼働率が向上するうえ、プロセス改善に向けたより実践的なナレッジへアクセスができます。
  
‐デジタル・ツイン:ESPRITを用いれば、ユーザーは工作機械のデジタル・ツインを作成して、プログラミングや最適化、シミュレーションが可能になります。そうしたバーチャルな工作機械によって、実際の工場フロアで起きることをすべて、確実にPC上で再現できます。ワークや工具をバーチャルに構成すると、厳密なシミュレーションが行え、生産性が向上するほか、さらに高品質なツールパスが得られます。
 
‐デジタル・スレッド:ESPRITによって、CAD設計から最終部品まで、そのワークフローの各ステップをデジタル・スレッドで結び、生産プロセスが決してサイロ化しないようにします。またESPRITは、CADソフトウェアから部品データを読み込み、加工機ごとに最適化されたGコードと工程表を生成します。さらに、そうしたデータを工場管理や工具データ管理、基幹業務システムなどのソフトウェアに受け渡します。
 
‐マシン指向型ソリューション:ESPRITは、工作機械の特性を考慮したマシン指向型CAMプログラミングによって、工具寿命の向上やサイクルタイムの削減を実現します。なかでもESPRITのProfitMilling®とProfitTurning™は、ツールパス生成方法における根本的な変革を象徴しています。ほとんどのCAMソフトウェアが、まず部品の形状から作業を始め、たとえ行うにしても、工作機械については最後に考慮することになります。これに対してESPRITのマシン指向型ソリューションは、まず工作機械を考えます。それは軸構成や制約、加速度、実現できる切削速度と求められる切削速度のことです。そのため、ユーザーは機械をさらに高速に駆動して、部品に優れた仕上げを施すとともに大幅に工具寿命を延ばすことが可能になります。このようにマシン指向型CAMを用いることは、プログラマとってツールパスの点で優れた選択であるほか、工作機械や工具についてその能力を超えているかどうかを確認する必要が無くなります。
 
‐ナレッジベース加工:ナレッジベース加工とは、CAMシステムに直接組み込まれた人工知能を指しており、加工プロセスや加工条件などのベストプラクティスを取り込むことで、プログラミング時間の大幅な削減を可能にします。そのため、残った多くの時間でプロセスの生産性向上に集中でき、単純な繰り返し作業に費やす時間が減ります。ESPRITのKnowledgeBase™ソリューションは、実績のあるベストプラクティスに基づいて、加工サイクルや工具、加工条件など、部品形状に最適なプロセスを自動選択して加工プログラミングを能率化します。KnowledgeBase™を用いて実践的知識を記録しておけば、記憶にとどめるより信頼性が高く、ステップを繰り返すことで高水準な自動化も可能になります。さらに、プログラミングをパターン化でき一貫性が高まるため、プログラマは問題に直面することが少なくなり、部品品質も向上します。
 
‐クラウド実現型加工:加工工場はデータ駆動型の生産へ移行しています。そのため、MachiningCloud Inc.社が提供するクラウド型データベースの統合によって、加工に関する知識や製品データ、機械のリソースや工程管理、工具、ワーク固定冶具などの情報へのアクセスがさらに容易になります。こうしたクラウト実現型データベースなら、ユーザーは所定の加工に対するメーカー推奨の送りや速度の提案を受け取りながら、必要な工具を素早く見つけられます。また、シミュレーションに用いる工具や工具アセンブリの図面、モデルなど、メーカーによる製品データは絶えず更新されます。情報がクラウドに保存されているため、常に最新であり、必要に応じてどこからでもアクセスして利用できます。
 
これらのソリューションは、9月18~23日開催のEMOハノーバーにおいて、DPテクノロジーのブース(ホール25・小間番号D25)でご覧いただけます。また、世界各地のイベントにも出展する予定です。
#