Aerotech、ドイツに自社ビルを建設してサポート体制を強化

2017-08-02
2016年3月2日、Aerotechはドイツのフュルト市において新ドイツ支社の起工式を行いました。その新社屋が完成し移転も終わり、2017年5月18日にオープニング・セレモニーを開催しました。

 

Aerotech ドイツ支社の業務執行取締役Norbert Ludwigは次のように話しています。「オープニング・セレモニーには、Aerotech代理店の20名に加え、社外から約40名の皆さまに出席いただきました。お客様やサプライヤ、建築家、建設関係の方々です。さらに、特別ゲストとして、フュルト市の市長もお越しくださいました」。

開会の挨拶の後、Norbert LudwigがAerotech ドイツ支社の紹介をし、大きく拡大したドイツにおける新サポート体制について説明しました。続いて、Aerotech本社の社長Mark Botosが改めてご挨拶と感謝の意を表しました。午後には、フュルト市市長によるスピーチと、招待講演者であるドイツの大学の物理学教授から、Aerotechの部品を使った材料のレーザ・ストラクチャリングについて講演いただきました。

オープン・セレモニーは大変好評で、新しい支社を通じて、ドイツのみならず欧州全域のお客様に向け、さらに営業やサービス、サポートを拡大できるものと期待を寄せています。これからは、このドイツの新支社が英国の支社を始め、営業所および代理店網と協力して、欧州のお客様をサポートしてまいります。

さらに詳しい情報につきましては、Steve McLaneまでお問合せください (電話:412-967-6854、Eメール:smclane@aerotech.com)。

PR0717A

#